ニキビ化粧品と一緒に洗顔せっけんを選ぼう

サイトTOP > ニキビ化粧品 自分に合ったニキビ化粧品を選ぼう

ニキビ化粧品と一緒に洗顔せっけんを選ぼう

ニキビ化粧品使う上で欠かせないアイテムは、ニキビ用洗顔石鹸です。 ニキビ用洗顔石鹸は、ドラッグストアや通信販売等で販売されており、手軽に手に入ります。 ニキビ用洗顔石鹸は、弱酸性で肌への刺激が少ない物を選びましょう。 ニキビ用洗顔石鹸は、肌の角質を取り除いてくれる効果があります。ニキビが出来る原因は、毛穴が詰まる事が原因のひとつで、角質を取り除いて毛穴を綺麗に保つことが、ニキビ化粧品際により効果的になる秘訣です。角質は取り過ぎると肌に良くないので、取り過ぎには十分注意しなければなりません。よく泡を立てて優しくお肌を包むように洗うのが良いでしょう。洗顔時に肌に優しく対応する為には、泡で洗う事が基本です。泡立てネットを使うと、もこもこの泡ができ、肌を優しく包み込むように洗う事が出来ます。泡を立てずゴシゴシ洗ったり、肌を乱暴に扱う事は避けて下さい。肌が荒くなり炎症を起こしやすく。

ニキビ化粧品は、ビタミンC誘導体配合の物を選ぼう

ニキビケアに有効な成分の1つに、ビタミンC誘導体があります。 ビタミンC誘導体は、ビタミンCにリン酸という成分を結合させて安定させた成分で、肌につけた当初は結合していますが、肌細胞の表面で結合が切られて、新鮮なビタミンCとして肌の奥の細胞に深く浸透していく効果があり、体内の活性酵素を取り除く効果があり、ニキビを作らせない効果を発揮してくれます。ニキビが治まった後に、ニキビ跡が長い間残ってしまい気になる事がありますが、ビタミンC誘導体は、ニキビ跡を残しづらくする効果もあり、ニキビ化粧品の成分としては欠かせない要素であります。 ニキビの悩みになる部分を解消してくれる要素、ビタミンC誘導体が配合されたニキビ化粧水を使う事をおすすめします。

ニキビ化粧品を選ぶ時の注意点

ニキビ化粧品とクレンジングの選び方の要点についてご紹介します。
①クレンジング
メイクを落とすためにオイル配合している物が多いのが現状ですが、ニキビにはオイルは不向きですので、オイルフリーな自然派クレンジングを選びましょう。
②合成添加物の含まれていない物を
ニキビが悪化する原因の1つに、添加物が肌に合わない事も原因の1つとして考えられます。 合成添加物の入ってない物を選んで使うようにしましょう。 どうしても見つからない場合は、含有量が少ない物を選ぶのもいいでしょう。