ニキビ化粧品の理想的な使い方

サイトTOP > ページ名

ニキビ化粧品を使う時は、乱暴にしてはいけません

化粧水等をお肌につける時に、パンパンと叩きながらつける人がいますが、これは大きな間違いです。叩く事でお肌にストレスを与え、肌の角質を崩壊させてしまい、肌がより敏感になってしまい、とても危険です。 よくコットンを使用してふき取る方もいますが、ニキビが発生している時のお肌に、ふき取り作業をしてしまうと、コットンの細かい繊維が肌を傷付ける恐れがあり、とても」よくありません。 一番肌に優しいやりかたは、手で直接つける方法です。 手を洗い清潔にし、手に化粧水等を乗せて温め、それを優しく肌になじませ、浸透させてください。

ニキビ化粧品は、少量を数回に分けてつけよう

ニキビ肌の人は、外部の刺激にストレスを感じやすい肌質です。 化粧水等の使い方としては、量は微量ではなく大目に使う事が理想ですが、その多めの量を1度で肌に付けてしまうと、肌に余計なストレスを与えてしまう事があります。面倒でも、少量を数回に分けてつけてあげることで、肌に負担を与えず、適切な水分補給をしてあげる事ができます。 十分に化粧水で保湿した後は、ニキビ用の乳液やクリーム等でお肌を保護してあげて、膜を作ってあげ保湿させてあげましょう。

ニキビ対策している時のメイクに注意したいこと

ニキビだから肌を不衛生にできないので、ファンデーションなどのお化粧は控えたいと思っている人は少なくないと思います。 皮膚科治療をしている時も、皮膚科軟膏を塗った上からメイクしても構わないと先生は言ってくれます。その時に言われた事が、極力薄化粧に心がける事、でした。 ニキビ対策している時期に外出する際、お化粧をする場合は、なるべく肌に刺激を与えないような薄いメイクを心掛ける事が大事になります。 毛穴を塞ぐような厚化粧は極力控えましょう。毛穴を塞ぐ事はニキビ対策の天敵です。さらに油分の少ない化粧品を選定するのがポイントです。 ニキビの人に優しいファンデーションが、比較的安価でドラッグストアにて販売されておりますので、ニキビ対策中は、そのファンデーションを使う事をおすすめします。